成長を続けるペルシャ絨毯市場


世界が認める美術品 ~ 成長を続けるペルシャ絨毯市場 ~

ペルシャ絨毯は3000年以上の歴史を持ち、世界3大財産(金・宝石・ペルシャ絨毯)として、広く世界に認められています。日本にも古くから伝わっており、豊臣秀吉が愛用したり、京都の祇園祭の山鉾に飾られるなど、宝物として扱われていました。日本で一般的に販売されはじめたのは、30年程前からで、その意味ではヨーロッパに比べて歴史が浅く普及率も低いのが現状です。


世界が認める美術品
多いリピーター客 ~ 成長を続けるペルシャ絨毯市場 ~

ペルシャ絨毯をお買上げになるお客様は、インテリアはもとより、絵画や焼き物などの美術品に興味がある方が多く、一度お買い上げになりその良さをご理解いただけると、リピーターとなっていただける傾向があります。また、すでにお持ちのお客様も、より魅力ある有名工房の作品との出会いで、再度お買い上げになるケースも多く見られます。中には高価な作品をご自分の生きた証として、子や孫のために残そうとされている方もいらっしゃいます。あくまでも天然の素材にこだわり、すべて手織りで何年もかかって作り上げ、100年経っても美しさが損なわれないペルシャ絨毯は、今多くの方を魅了しているのです。


多いリピーター客

ページ上部へ戻る