10.11

北陸で初めての絨毯&日本画・掛軸展

四国が残暑まっただ中の9月半ば、石川県小松市で展示会が

ありました。

北陸地方では初めての、絨毯と日本画・掛軸のコラボ企画です。

 

フロアにはいつものようにペルシャ絨毯が広げられていますが、

壁面は従来から展示しているピクチャー(絨毯)に、美しい日本画や

書の掛軸などが多数が加わり、一層華やいだ雰囲気でお客様を

お迎えすることができました。

 

多くのお客様が足を止めていらっしゃった日本画の掛軸。

モダンな雰囲気の和室に合いそうですね。

 

床の間のあるお宅は、季節や行事によって掛軸を選ぶ楽しみもあります。

 

こちらは、このところ人気急上昇アップのピクチャー(絨毯)。

額装してあるものは、まさに一幅の絵画のようです。

けれども、近くに寄って目見ていただくと、紛れもなく一糸一糸丁寧に

織り込んだ絨毯でありまして…、私達はその都度、お客様の感嘆の声を

聞くことができるのです。ニコ

 

 

さて、小松市へは、大阪からJR特急「サンダーバード」で向かったのですが、

乗換えの新大阪駅で、美味しそうな駅弁を見つけ・・・もちろん、ご購入!ウシシ

稲刈りが終わりかけの田んぼを見ながら、いただきました~~!!

あかね グルメ(たこ飯二段重弁当)

 ▲「にぎわいのたこ飯二段重」 980円(税別)

 

そして、駅を出ると、こんな風景がっドンッあかね 遺跡発掘
 ▲弥生時代中期の遺跡の発掘調査中。

「八日市地方遺跡」=“ようかいちちほういせき”と呼んでしまいそうですが、

正しくは“ようかいちじかたいせき”だそうです。

間違える人が多いのでしょうね、きっちりルビがふってありました。

 

今回はJRでの移動で、ちょっとした旅行気分が味わえました。

また、たくさんのお客様にご来場いただき、絨毯と日本画・掛軸という

新たなご提案に大変ご好評いただき、とても有意義な展示会でした。

 

              ~担当:Mしし座 でした~

ページ上部へ戻る