03.17

Kawasaki

暖かい日になると気になるのが愛車のカワサキ。先日久しぶりにエンジンをかけました。


気温が高くなってきたせいか、エンジンのかかりは良く、すぐに1100ccが目覚めました。


このエンジンはツインカムですが、2バルブでツインプラグというユニークな設計になっていて、子気味よく回り、トルクフルで250キロの巨体をスムーズに操ることができます。


今まで乗ってきた大型バイクの中で、最も乗りやすい一台です。

 

その前もカワサキに乗っていましたが、1000ccで125馬力を搾り出す、高回転高出力型だったせいもあって、高速では抜群に威力を発揮するのですが、街乗りでは乗りにくい一面もありました。夢の階段-私の愛車


フルカウルで前傾姿勢を保つその車に対し、今のカワサキはとにかく楽なポジションで疲れません。

春の風を受けながら、アクセルを開くとエンジンがテンポ良く反応して、思い通りのラインをトレースできて爽快です。

 

私がまだ10代のときに初めて乗った400ccのバイクもカワサキ。しかし、あの頃に比べれば、エンジンもよく回り、ブレーキも良く効く、クラッチも軽く、ギアもしっかりと入り、コンディションも安定している。


スタイルに大きな変化はないけれど、30年の間に中身は大きく進化したことを感じます。


しかし、乗るたびに感じるワクワク感は今も昔も同じです。


不思議ですね。バイクの魅力は・・


どうやら元気な間はずっと続きそうです。中年?ライダー!


ページ上部へ戻る